超マニアックな選曲。スザンヌ・ホフス(元バングルズ)のカバーアルバム「Bright Lights」

元バングルズ(The Bangles)のスザンヌ・ホフス(Susanna Hoffs)の新作カバーアルバム「Bright Lights」がとってもマニアックだ。


マニアックというのはもちろんその選曲。

これまでマシュー・スィート(Matthew Sweet)とのUnder The Coverシリーズで多くのカバー曲を披露して、カバーとはこうあるべきというセンスを見せてくれていたが、ソロになってのこのアルバムはUnder The Coverシリーズに輪をかけてマイナー。

Under Coverシリーズはマシュー・スィート主導だとばかり思っていたが、実はスザンヌの方が選曲面ではリードしていたのかもしれない。

だいたいバングルズ自体が単なるガールズ・バンドじゃなくて80年代LAのペイズリー・アンダーグラウンドの火付け役でもあったくらい、過去を振り返りつつ新しい解釈をしてきたバンドだった。その創始者としてのスザンヌ・ホフスとしてもう一度じっくり聴き返してみたくなる。

さて「Bright Lights」に収録されている曲は次のとおり。

1. Time Will Show the Wiser
   (The Merry-Go-Round / Emitt Rhodes)

2. One of These Things First
   (Nick Drake)

3. You and Your Sister
   (Chris Bell)

4. Name Of The Game (feat. Aimee Mann)
   (Badfinger / Pete Ham)

5. I Want To See The Bright Lights Tonight
   (Richard & Linda Thompson / Richard Thompson)

6. You Just May Be the One
   (The Monkees / Michael Nesmith)

7. Him or Me - What's It Gonna Be
   (Paul Revere & The Raiders)

8. Femme Fatale
   (The Velvet Underground)

9. Take Me With U
   (Prince)

10. No Good Trying
   (Syd Barrett)

60年代に幼い彼女が親しんだアメリカン・ポップと70年代英国のどちらかというとダークな曲。それとプリンス。

ミュージシャンシップに溢れる人は、やっぱりシド・バレットとかニック・ドレイクとかクリス・ベルそれにエミット・ローズのような音楽を聴いていたんだと納得する選曲である。
(そういえばバングルズでもBig Starやエミット・ローズをカバーしていたけど)