ブラッド・ピットが案内するニック・ドレイクのドキュメンタリー番組(BBCラジオ)

 ブラッド・ピットは建築や家具などにも造詣が深く、映画や音楽など含めてアーティステックな分野への興味関心が強い人のようだ。

その彼のフェイバリットミュージシャンがニック・ドレイク(Nick Drake)。説明するまでもないがたった3枚のアルバムを残して1974年に亡くなってしまった英国のシンガーソングライター。

一般的には無視される状態が永く続いていたが、一部のファンには同じように永く愛されてきたいわゆるカルトなミュージシャンだった。

2004年にBBCが制作したニック・ドレイクの遺した足跡を追うラジオのドキュメンタリー番組「Lost Boy: In Search Of Nick Drake」の案内役がブラッド・ピット。

BBCからオファーを受け二つ返事で引き受けたそうだ。

YouTubeならここで聴ける。

またWebアーカイブにも残っている。

セックスシンボル的な側面もありながら「セブン・イヤーズ・イン・チベット」に出演したり、このように日の当たらないミュージシャンが好きだったりと僕たちの同じような感性、センスを持つブラピ。こうした活動ももっと日本で紹介されるようになって欲しい。