ストーンズの「刺青の男」40周年記念盤Boxには未発表曲9曲とStill Lifeツアーのライブ入り

 ストーンズ(Rolling Stones)の1981年の「刺青の男(Tattoo You)」のリリースから40年。ということで、例によって40周年記念盤が10月22日にリリースされる。

2CDのデラックス版は通常版に加え ”Lost & Found" として未発表曲が9曲入ったCDが加わる。


しかし ”未発表曲” という言い方は正しいのだけど、実はこれらの曲は「Tattoo You」とは関係ない。

そもそもTattoo Youというアルバム11曲中に新曲は2曲しかなく、残りは1972年の「山羊頭のスープ」から1980年の「エモーショナル・レスキュー」のいろいろなセッションからかき集めたもの。その意味では「Tatoo You」自体が新曲も入った未発表曲集的なアルバムだったので、改めて未発表曲と言われてもちょっと違う気がする。

1981年当時のキースとミックの仲は最悪で、”Waiting On A Friend” の映像のような和気あいあいとしたもでのはなかったそうだ。それで新曲の録音もはかどらずプロデューサーのクリス・キムゼイが過去のボツテープをこねくりまわして何とか形にしたのが「Tattoo You」。

今回のデラックス版に付く未発表曲というのも今年出た ”Fully Finished Studio Outtakes” というブートでほとんど聴くことができる。もっともその公式リマスターだからさらに音は良くなっていると思うが。

また、CD4枚のBoxセットには当時のStill Lifeツアーのウェンブリー・スタジアムでのライブもCD2枚を使って収録されている。

アメリカでの1981年のツアーはハル・アシュビーのドキュメンタリー映画「レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザー」でおなじみ。(キースがステージに乱入してきた観客をギターでぶん殴るやつ)
そのツアー後のウェンブリーでの凱旋ライブなので、これは聴いてみたいなと思う。