ソニック・ユースにパステルズなど、ニューヨーク・ドールズのカバーはありそうで意外と少ない

 英国では "Love Record Stores" キャンペーンが昨2020年に続いて今年も展開される。9月4日(土)から独立系レコード店で限定シングルなどが発売されることになっている。

とうてい現地までは行けないがどんなものがリリースされるのかサイトを見ていたら、ソニック・ユース(Sonic Youth)とパステルズ(The Pastels)のカップリングシングルというものがあった。

内容はニューヨーク・ドールズのカバー。

ソニック・ユースが「人格の危機(Personality Crisis)」、パステルズは「ロンリー・プラネット・ボーイ(Lonely Planet Boy)」

ソニック・ユースとパステルズとは意外な組み合わせだがドールズのファンということなら納得である。

”Love Record Stores” にはスティーブン・パステル(スティーブン・マクロビー)がオーナーのMonorailレコード店も参加しているので、グラスゴーに行けたらそこで買ってみたいものだ、スティーブンも時々店に居るらしいので、もしかしたら彼から直接買えるかもしれない。

このようにパンク、NWなど後世に多くの影響を与えファンも多いニューヨーク・ドールズだが調べると意外にカバーが多くない。

普通にカバーして許されるようなアーティストならよいが、そうでないと単なるパンクになってしまうのが難しいところ。

ドールズのカバーをいくつか紹介したい。

Chatterbox

シド・ビシャスによるカバー。まるっきりピストルズだけどしょうがない、ドールズをロンドンで自分の思うように再現しようとマルコム・マクラーレンが仕掛けたバンドがピストルズなんだから。

ラモーンズのディー・ディーによるカバー。ラモーンズも世代的にはドールズとほぼ同じ。仲間のヒット曲のカバーという感じなんだろうな。


これはパティ・パラディンによるカバー。タイトルはジョニー・サンダースの「So Alone」に収録のものと同じ "Leave Me Alone" だが曲自体はチャターボックスである。


Human Being

ガンズのカバーアルバム「The Spaghetti Incident?」に収録。


ドールズ大好き、生涯フェイバリットがドールズの ”Jet Boy” だと言うモリッシーがカバーするのは当然。


Jet Boy

そのJet Boyのカバーの代表はThe Fall。マーク・E・スミスの声がハマってる。


Lonely Planet Boy

今回ソニック・ユースとのカップリングシングルが出るパステルズのバージョン。なんとも爽やかなドールズのカバー。


Personality Crisis

そのソニック・ユースによる人格の危機のカバー。


たぶん一番有名なティーンエイジ・ファンクラブとドナ・マシューズ(エラスティカ)のカバー。映画「ベルベット・ゴールドマイン」に出てくる。


懐かしいジグ・ジグ・スパトニックによる意外にストレートなカバー。


そもそもドールズのデビューアルバムのプロデューサーなのでカバーと呼んでいいのか。トッド・ラングレンによるカバー。


Subway Train

モリッシーはこれもカバーしている。モリッシーのライブをもっと探せばさらに出てくるかもしれない。

知名度のあるミュージシャンによるカバーとしてはこのくらい。

やはりカバーするには畏れ多いということなのだろう。