2021年に亡くなった主なミュージシャンたち

 2021年に亡くなった著名ミュージシャンを振り返ってみたい。

COVID-19絡みで亡くなった人は減ってきていて、ガンなど普通の病気で亡くなっているという印象である。



1月13日

ティム・ボガート - ヴァニラ・ファッジ、BB&A、カクタスなど 77才

シルベイン・シルベイン - ニューヨーク・ドールズ 69才

1月16日

フィル・スペクター - プロデューサー(まだ存命だったのかと驚いた人も多い) 82才

1月29日

ヒルトン・ヴァレンタイン - アニマルズ(朝日のあたる家のギターが有名) 77才

2月4日

ノーラン・ポーター - ノーザン・ソウルのシンガー(フランク・ザッパの義弟) 72才

2月7日

エリオット・メイザー - プロデューサー(ニール・ヤング始め多数) 79才 

2月8日

メアリー・ウィルソン - シュープリームス 76才 

2月9日

チック・コリア - ジャズ、フューオジョン 80才 

2月12日

ミルフォード・グレイブス - フリージャズドラマー 79才 

2月26日

ボブ・ジェームズ - モントローズの2代目ボーカリスト 68才 

3月2日

バニー・ウェイラー - ウェイラーズの創設者 73才 

3月5日

マイケル・スタンリー - クリーブランドのロッカー 72才 

3月12日

サリー・グロスマン - アルバート・グロスマンの妻(DylanのBringing it All Backの女性) 81才

3月18日

ポール・ジャクソン - ヘッドハンターズのベースなど、日本在住 73才 

3月23日

エセル・ガブリエル - 元ジャズプレイヤー、RCA初の女性プロデューサーでエルビスなども仕切った 99才

3月28日

マルコム・セシル - アレクシス・コーナーズ・ブルース・インコーポレイテッドの創設者、70年代のスティヴィー・ワンダーのプロデューサーなど 84才

4月2日

モーリス B.B. ディクソン - Warの創設者、ベーシスト 71才

4月4日

ラルフ・シュケット - ジョー・ママやトッド・ラングレンズ・ユートピアのキーボーディスト 73才

4月14日

ラスティ・ヤング - ポコの創設者 75才

4月26日

アル・シュミット - プロデューサー 91才 

4月27日

アニタ・レイン - ニック・ケイブの元パートナーでバッドシーズの創設者 61才 

5月20日

ロジャー・ホーキンス - マッスル・ショールズ・リズムセクションのドラマー 75才 

5月29日

B.J.トーマス - シンガー 78才 

6月23日

エレン・マキルウェイン - 神戸育ちのカナダのブルースシンガー、ギタリスト 75才 

6月29日

ジョン・ロートン - ユーライアヒープなど流離いのボーカリスト 74才 

7月4日

リック・レアード - マハビシュヌ・オーケストラのベーシスト 80才 

7月20日

チャック・E・ワイス - シンガーソングライター。それよりリッキー・リー・ジョーンズの「恋するチャック」の曲名として有名 76才 

7月28日

ダスティ・ヒル - ZZトップのベーシスト 72才 

8月1日

ポール・コットン - ポコの創設者 78才

8月11日

マイク・フィニガン - キーボードプレイヤー(DFK、デイブ・メイソンなど) 76才

8月24日

チャーリー・ワッツ - ドラマー 80才