Van Dyke Parksの新作「Only In America」が7月11日リリース。ジャケットはクラウス・ヴーアマン

 ハリー細野とも交友があり、日本のその手のミュージシャン、リスナーからも人気の高いヴァン・ダイク・パークス(Van Dyke Parks)。

バーバンクサウンドの立役者の一人でもありランディ・ニューマンのデビューアルバムも彼がプロデュースしている。

その彼が7月11日に新作「Only In America」をリリースする。

25年前のブライアン・ウイルソンとの共作「Orange Crate Art」以降はコラボ作ばかりのバン・ダイクだが、今回もメキシコの女性ミュージシャンVerónica Valerioとのコラボである。

新作はEP形式で4曲入り。アメリカでは10インチのヴァイナルとデジタル配信でリリースされる予定。

既に収録曲 ”Veracruz” がYouTubeで公開されているので聴いて欲しい。

この新作にはもう一つ話題があって、クラウス・ヴーアマン(Klaus Voormann)がペン画でジャケットを描いていること。

線の細いペン画はまさにクラウス・ヴーアマン。

最近のヴァン・ダイク・パークスのジャケットは彼が担当していたが、こうした「Revolver」を彷彿とさせるペン画は久しぶりではないだろうか。

今はドイツに帰国したそのまま居住しているが、思い返すとバン・ダイク・パークスの「Discover America」にLA時代のクラウス・ヴーアマンが参加して以来の長い付き合いだ。

最後にクラウス・ヴーアマンが手掛けたアルバムジャケットをいくつか挙げておこう。