「不思議惑星キン・ザ・ザ」のアニメ版「クー! キン・ザ・ザ」になって公開中。

 ソ連邦末期に製作され日本でもカルト的な人気のあった「不思議惑星キン・ザ・ザ」。 ”クー” というセリフとそれに合わせたポーズが有名だった。

ソ連の硬直した政治、社会システムを暗喩を使って皮肉っているところと、暗いテーマなのにコメディタッチなところが人気の所以だったと思う。

その「不思議惑星キン・ザ・ザ」がアニメでリメイクされ「クー!キン・ザ・ザ」として日本公開されている。

しかもアニメ化したのはオリジナルの監督でもあるゲオルギー・ダネリヤ自身。


アニメ化されたのは2013年だそうだが全く知らなかった。ダネリヤ監督も2019年に亡くなっているのだが、やっと日本でも公開されることになったようだ。

制作にいたる背景やアニメ化する上での苦労など、監督の最後のインタビューを読んでもらうと面白いと思う。

公開は2021年5月14日から。