5月に出るCSN&YのDeja Vu Box

既にみんな知っているCSN&Yの「Deja Vu」50周年記念Boxが5月14日にリリースされる。

オリジナルの発売が1970年3月だから2021年5月だと51周年になるが、まぁCOVID-19で1年ブランクがあるし気にしない。

そのリリースの1ヶ月前ということで発売元のRhinoが 「Our House」のEarly Versionを公開している。



ふむふむと思っていたら1日も経たないうちに今度はスティーブン・スティルスがタイトル曲 「Deja Vu」 のデモを公開している。


実はニール・ヤングも既に3曲を公開しているのだけど、彼のアーカイブの有料会員にならないと聴けない。

 

Boxにはこういうのが山ほど入っているのかと思うとやっぱり買うしかないなぁ。

70年代初頭のCSN&YはイギリスのツェッペリンかアメリカのCSN&Yかというくらいの両巨頭的な扱いだったんだよね。

特にライブだとニール・ヤングとスティーブン・スティルスがいるのでハードロック的な聴き方をしている人もいて、多分今とは違った捉えられ方をしていたと思う。

またDeja VuにはTeach Your ChildrenやHelplessといった有名曲が収録されているので、これもみんなが持っているアルバムだった。
「Almost Cut My Hair」はたぶん荒井由実はこれを聴いて「いちご白書をもう一度」の参考にしたはず。

Rolling Stoneでグラハム・ナッシュが

CSN&Yにはライターが4人、シンガーが4人いた。そんなバンドは世界中どこにもない。

って力説していて思わず納得。

さらに

オリジナル・メンバーで活動中の唯一のバンドでもある。
ビーチボーイズもグレイトフル・デッドもローリング・ストーンズもオリジナル・メンバーじゃない。カール・ウィルソンもブライアン・ジョーンズも死んだ。

いや、これはちょっと言い過ぎな気がする。