2020年の大収穫はTaylor Swiftだった

個人的に2020年の大収穫はTaylor Swift(テイラー・スウィフト)を発見したこと。

何を今さらと言われそうだが、それにしても「Folklore」と「Evermore」と突然立て続けにリリースされた作は圧倒的だった。

正直それまでテイラー・スウィフトという名前は知っていてもカントリー出身のポップシンガーで十把一絡げの存在だと思っていた。

トランプに対する批判的発言などでアレっと思っていたら「Folklore」に対する批評家たちの大絶賛。もしかしたらと思って音を聴いてみたら良質なアメリカーナミュージックだった。それもとびきりの。

日本では一般的な人気はないけど、いわゆる「ルーツ・ミュージック」「アメリカーナ」「オルタナ・カントリー」と呼ばれるジャンルの音楽はグランジ以降ではアメリカのメインストリートじゃないかと思えるくらいの人気と充実度である。

そんな中でテイラー・スウィフトがポップ路線からこちらの方向へ舵を切り、しかもそれが傑作なのだからその才能には恐れ入るしかない。

 

コロナで家に籠もって自由に創作意欲を膨らませたらしく、ディランがウッドストックに籠もってBasement Tapeをモノにしたようにテイラー・スウィフトもそうした時間を使ってFolkloreを制作したらしい。

しかも創作意欲が止まらなくなってしまってFolkloreとほぼ同じ路線でもう1作「Evermore」まで制作したのだから、曲を作り出すと止まらなくなるニール・ヤングみたいで微笑ましい。

オルタナ・カントリーの本流のバンドだとグラム・パーソンズのように黒っぽさも追求していくが、テイラー・スウィフトの場合はかつてのR&Bより今風のR&Bなのが若さを感じさせるし、またサウンドの作りも今風。

そこにカントリー系アーティストらしい物語性のある歌詞とメロディが乗ってくるのだから、これはたしかに新しいサウンドだよね。大絶賛になるのもうなずけるサウンドと内容である。

たぶん今までのポップ、カントリー系のファンに加え大人のロックファンも増えるんだろうし、この路線をさらに発展させてどんなサウンドを作っていくんだろうかと期待させるテイラー・スウィフト。

と思っていたら、2021年は過去の6枚のアルバムを再録するそうで。なんでだ〜と思ったら原盤権の問題らしい。