WebMessenger


iPhone用IMクライアントはこれぞというものがなく、次善策としてマルチプロトコル対応のPalringoを使っています。
ただそれも、日本語入力の際に変換候補ウィンドウが入力エリアを覆い隠すという問題があって、使い方を工夫しながらという制約付きでした。

いろいろIMを試しているなかで、WebMessengerというのを見つけたのが左の画面。
変換候補ウィンドウが下に出るので、そもそものテキスト入力エリアを上方にオフセットしちゃえばいいでしょ、とばかりにエリアを2行分確保してあるので、結果的に日本語入力に問題ないと仕様になりました。
まぁ熟慮の末の仕様というよりも、偶然そうなっただけのように思えますが。
というのは致命的なことに日本語が通らないんですよ、このソフト。
見事に文字化けします。

うーむ、非常に残念。
このエントリーをはてなブックマークに追加