WriteRight for iPhone


ボクは多少傷が付いても構わないので、携帯電話もPDAもiPodもジーンズのポケットに入れてます。さすがに尻のポケットにPDAやiPodを入れると、ウッカリ椅子に座った場合にヤバいのお尻ポケットに入れるのは携帯電話だけですが。

結局Crystal Film for iPhoneが表面(ガラス面)しかカバーしないことが判ったので、何とか裏面を保護したいなぁと考えていて、思いついたのがPalm用に買ってあるWriteRightという液晶保護シール。

昔、Palmが天下を取る勢いだった頃はいろんなメーカーがこの手の液晶保護シールを出していましたがその中でも評価が高かったのがこのWriteRight。
ボクも10枚入パックを買ったのでまだ8枚残っていました。

へなへななシールなところも、逆にiPhoneの裏面のように曲面を持つ場所に貼るには好都合だし。

早速貼ってみました。
まずPalm用だとiPhoneの裏面全面をカバーするには大きさが微妙に足りません。横幅があと15mmあればジャストなんですが。
また高さも全然足りません。カメラレンズ下にシートの上端を合わせて貼ると下の方はFCCの認定マーク辺りまで。あと3cmくらい足りませんね。
横はまあしょうがないとして、下の方が足りないと肝心のiPhone下部を保護出来ないので、WriteRightをもう一枚、サイズに合わせてカットして継ぎ足し(笑

思惑通り曲面にもしっかりフィットしてiPhoneを保護してくれそうです。
ただ問題は気泡。曲面にうまくフィットして貼るのは平面に貼るのとは違うコツ、方法が必要みたいですね。よく考慮してまた貼り直しにチャレンジしてみます。
だいぶ気泡ができてしまったので見た目的にはあまり美しくないのですが、手でiPhoneを持った場合の滑り止めにもなるしこれは中々良い方法だと思います。

ちなみにWriteRightという名前の製品はいくつかの会社から出ていました。
一番有名なのは表面をエンボス加工して視認性を向上させたWriteRightを出していたConceptKitchen社製のもの。
今回iPhoneに貼ってみたのは透明なFellowes社のものです。(レプリカフライトジャケットのフェローズとは別人)

数年前だったらVis-a-Visとかモバイルプラザでいくらでも買えたんですが、今は取り扱っているのかよくわかりません。iPhone用あるいはユニバーサルタイプのWriteRightを取り扱っていないか今度末広町まで行ってみるか。

でもアメリカではアマゾンなどで当たり前のように売っているようです。
手許にあるWriteRightはPalm用だけどアメリカではiPhone用サイズも販売されているようですし、自分で好みのサイズに切って貼る少し大きめなサイズのユニバーサルタイプなんてのもあるみたいですね。ユニバーサルタイプの仕様を見ると左右を少し切ればiPhoneにジャストになるようですし。

あとWriteRightをiPhoneの表面に貼るのはボク的には止めておきます。あくまで裏面保護用として。
これ、Palmの時代から気泡を作らず奇麗に貼るのは至難の技でしたからね。ボクも何回失敗したことか(笑
あの苦労に比べればCrystal Film を貼るのは嬉し涙がこぼれるほど楽な作業です。
このエントリーをはてなブックマークに追加