iPhone and USBポート


MacにUSBでカメラを繋いだり、カメラで使っているメモリカードを突っ込んだりすると自動的にiPhotoやらカメラベンダーのアプリが立ち上がるのがウザいので、USBでカメラを繋いでも動作としては何もしない設定にしてます。

で、iPhoneで撮った写真をMacBook Proに取り込もうとiPhotoを立ち上げたんだけど、何故かカメラとして認識されない。iTunesの方ではiPhoneが繋がっている事を認識しているんだけど、カメラとしては認識されていない。

イメージキャプチャ.appを立ち上げてデバイスをブラウズしてみると、デジタルカメラとしては認識しているようだが名前も種類も不明となる。これではiPhotoも動きようがないよな。
もしかしてボクのiPhoneの不具合!? まさか、うちの子に限って。

アップルストアに駆け込む前にまず症状を特定しなければ。
MBP+Leopard環境ではiPhoneとしては認識するがカメラとしては認識しない。カメラ接続時にiPhotoを起動、イメージキャプチャを起動、何もしないの各設定で接続しみてるが、どれも症状は同じ。

次にPBG4+Tiger環境で接続。・・・無事認識。iPhoneとしても、カメラとしても認識。
iPhotoでもイメージキャプチャでも自動起動するし。問題なし。

ということで、iPhone自体には問題ないことが判りひと安心。でもMBPでカメラを認識をできないといろいろ問題だよなぁ。いつ壊れるか判らないPBG4が頼りということになってしまうし。

ちょっと落ち着いて対処しようと正座してMBPに向かい、位置関係の都合でMBPの左側USBポートに繋いでいたiPhoneを右側USBポートに接続し直す。
あっ、あれぇ〜っ!? ちゃんとカメラとして認識するぞ。
iPhoneとしてもカメラとしても問題なく認識するし、イメージキャプチャでデバイスをブラウズしてみるとiPhoneの名前も、カメラの種類もしっかり認識してる。

そういえば、MBPのUSBって、左右のポートで仕様が違いって話しを聞いたか読んだ記憶があるなぁ。
えっと、これLifehacking.jpさんとこですね。
左側は内部的にハブに繋がっていて、右側はダイレクト。今まで左側ばかりだったのでパワーが足りなくて認識できなかったけど、右側に繋げばパワーも十分供給されてカメラも認識できるということか。

しかもこれは思わぬ副作用があって、あらかじめカメラを繋げた時にiPhotoが自動起動する設定にしておき、iPhotoが自動起動するのがウザい時は左側のUSBポートに繋ぎ、iPhotoを自動起動させたい時やカメラとしてマウントさせたい時は右側のUSBポートに繋げば良いってこと。いちいち設定を変更しなくても、接続するポートを変えるだけで動作を制御できるという素晴らしい仕様じゃないですか(笑

思わぬ発見してしまいましたね。
このエントリーをはてなブックマークに追加