The Dragons


憶えている人は憶えているであろう、中国初のパンク・バンド「ドラゴンズ」

天安門事件よりさらに昔、西洋の堕落した音楽など御法度だった頃の中国で、彼方から聴こえてくる香港のラジオに衝撃を受けた広州の連中が結成したバンド。

当時の中国でこんな音楽をやっていると、下手をすれば投獄、下放。そうでなくても絶対に人前で演奏できる音楽ではない。
が、偶然知り合ったフランス人ジャーナリストに演奏を録音したテープを託し、なんとかフランスでレコード化して1982年にリリース。

というのが公式の説明(笑

ただ実際には諸説あって、そのフランス人ジャーナリストのでっち上げ説、中国公安当局による陰謀説、バンドの面が割れて全員投獄されたという本物説などなど。
その後の解放が進んだ中国で、「私がドラゴンズです」と名乗り出た奴がいるという話しは聞いた事がないので、やはりでっち上げ説が信憑性高いかな。
逆に全員投獄、獄死してしまっている可能性もないわけじゃないですが。

音は全部聞いたワケじゃないけど、ピストルズの「Anarchy In The UK」とストーンズの「Get Off Of My Cloud」のカバー2曲は日本はラジオで流れたので憶えてます。
とにかく英語なんて知らない奴らが耳で聞いた歌詞をがなっている(という設定)なので、最初はちゃんと歌っているのに、そのうち歌詞が判らなくなるとウヮーウワー言っているだけになっちゃう。
もうこれだけでも十分にパンクでしたね。

さらに、エレキギターなんてないので、中国の伝統楽器である胡弓がリード楽器。
これがまたチープなので、逆にそういうチープな音が流行っていた80年代初頭っぽいと言えるかも。
このエントリーをはてなブックマークに追加