Azabu-Juban Fest.


今週末、23日から24日にかけて麻布十番商店街の納涼祭である通称麻布十番祭りが開催されてます。
一日20万人前後があの狭い一帯に押し掛けるので、いつもはノンビリした商店街が満員電車並の混雑。

土地柄を活かした国際色豊かなのも特徴で、広場には各国大使館が露天を出し、一晩で世界グルメ巡りができちゃう。

が、今年は金曜日こそなんとか天気はもったものの、金曜日は夕方から雨。
見物客が激減してしまったようです。
ただ人数は確実に減ったものの、みんな傘をさしているので混雑具合は平年並み。


必ず食べるイギリスのフィッシュ・アンド・チップス。
いつもは行列に並ばないと買えないんですが、今年は行列なし。
そのくらい空いていましたね。

いつもの年なら、フィッシュ・アンド・チップスの行列に並び、食べるスペースを探し、人ごみの中で食べるだけで疲れちゃうんですが、今年はどこも行列無し(あ、ドイツとアルゼンチンだけは行列あり)。

ということで他の国もチェック。


シリアが出していたファラフェル。
ひよこ豆を加工して揚げたものです。
ピタに入れてファラフェルのサラダサンド風。
懐かしいなぁ。これ、中身がこぼれないようハーモニカみたいに食べるんですよ。
こんな人ごみでボロボロ落として食べていたらピタ野郎って言われちゃう。
(その心は・・・ピタと同じで頭の中身がない)


それからクスクス。
クスクスも好きなんだよねぇ。
絶対あるだろうと思ったパレスチナのお店に行くと、やはりありました。クスクス。
クスクスって種類も豊富だし、料理方法もいっぱいあるので、これがクスクスだという定番はないんですよ。
ボクが知っているクスクスはちょっと高級っぽいもので、本当に庶民レベルが食べる食堂では食べたことがないんだけど、このパレスチナ自治区出店のクスクスは多分庶民向け。
粒もでかいし味も濃いめだし。
今年最大の発見であり、十番祭り最大のお薦め料理でもありますね。
このエントリーをはてなブックマークに追加