ToDo List for iPhone

iPhone/iTouchをPDA代わりというか本格的PDAとして使おうとすると、カレンダー、コンタクトリスト、メール、Webブラウザと一通り揃っているが、あ、電話というのもあったな(笑
それなのに、なぜかToDoリストだけ欠けている。
いくらアップルでも「作り忘れました」というワケはないだろうから、今後カレンダーアプリにその機能が追加されるとか、Todoアプリそのものがリリースされるかしていずれ解決していくんでしょうね。

ボクの場合iTouch時代は、カレンダー(iCal)はiTouch側に反映させ、ToDoはiPod Classic側に反映させるという運用をしていました。いわゆるiPodにはカレンダーの中にToDoがあったのでこういうことが出来たんです。
しかし、ほとんどのデータはiTouchに入っているのにToDoだけClassicというのも変な話で実際使いずらいこともあり、ToDoリストを活用する機会はぐんと減ってしまいました。

そして今はToDoはOmniFocusがあるので管理が格段に楽になりましたね。
ToDoアイテムはOmniFocus(Mac側でもiPhone側でも)のInboxに書き込むか、Mac側のiCalまたはMail.appに書き込むかすれば全部同期されるので、非常にワンダフルな環境ができました。
(iCalのToDoとMail.appのToDoは連動しているし、OmniFocusとiCalのToDoも連動しているし、MacとiPhoneのMoniFocusも連動しているので)

ただ問題は、iPhoneでToDoリストを閲覧するにはOmniFocusからしか行なえない点かな。総額1万円を費やしてOmniFocus for Macとfor iPhoneを購入しないといけないし、Wintelな環境ではそもそもOmniFocusがないし。

Mac側のMail.appでローカル上のToDoをMobileMeのToDoへ「手動で」コピーすれば、iPhoneからはメール→アカウント→MobileMe→Apple Mail ToDoで(MobileMe上の)ToDoリストを閲覧できるけど、これは「閲覧することもできる」レベルであって、リストのメンテなど手動でやることが多過ぎて実用的じゃないなぁ。
AppleScriptでなんとかできそうな気もするけど。
このエントリーをはてなブックマークに追加