OmniFocus for iPhone

使える環境があるのに指をくわえて見ているだけはつまらないので、OmniFocus for iPhoneをインストールしてみました。

価格は2,300円。うーむ。これからOmniFocus + OmniFocus for iPhone でGTDをやってみようという人には敷居が高いかも。
基本的にはOmniFocusを使い倒していて、これからモバイル環境でもそのメリットを享受したいという明確な目的を持っているを対象としたツールですね。
あ、でも、簡単なToDoリスト代わりとして使う手もありかもです。

これまでOmniFocusのToDo管理してきて、やはり問題はモバイルでの使い勝手。まさか街の中を歩きながらよっこらしょとMBPを取り出してチェックするワケにもいかないし。たまたまボクはiPod Classicを常用しているので、OmniFocus → iCal → iPodとToDoを反映させています。
つまりカレンダーはiTouchを見て、ToDoはClassicを見るというように変則的な運用をしているんですが、これからはカレンダーもToDoもiTouch(あるいはこれから買うiPhone)1台で用が足りるわけです。

さて、iPhone版OmniFocusですが、これは日本語ローカライズはされてないのか、メニュー等は英語のまま。データは日本語でもOKなんですが。

メイン画面はこの画像。概ねMac版のテイストを踏襲しているので、迷う事無く使えると思います。

画面下のメニューアイコンは、左から
ホーム画面への戻り、位置情報、同期、InBoxアイテムの追加、コンテキスト依存の追加

特に「位置情報」が目新しいですね。
おそらくiPhoneの位置情報を検出して、データ中の位置と紐付けられたアイテム(会社の位置、自宅の位置、愛人の位置などなど)から適切なものを抽出するような機能だと思われます。あくまで推測ですけど。

母艦側のOmniFocusとは、次の三つの方法で同期可能。
・同期しない
・iDiskを使って同期する
・WebDAVサーバーを使って同期する

最初のはクライアントオンリーで、つまり母艦無しで使う場合ですね。
MobileMe(旧.Mac)のアカウントがあればiDisk経由で同期できますし(ボクの場合はこれ)、
WebDAVがあればそれを経由して同期できます。MobileMeがなくてもMac OS XがあればWebDAVサーバーは作れちゃうし、WebDAV機能がついたNASなんかでもいいし、ある意味一番安価な方法かも。
このエントリーをはてなブックマークに追加