IM on iPhone

iPhone 3Gを持つ事で、どこでもWeb、メール、通話が出来るようになり、コミュニケーションの手段が格段に増えたんだけど、まだ一つ足りないものがIM(Instant Messaging)、いわゆるチャットというやつですね。

ボク自身のコミュニケーション方法としては在宅時はメール>IM>>通話>>Web(Twitter)という順番
外出時は携帯メール>メール>>通話という順番

IMの利用頻度が高いので、iPhoneでもIMしたいという要求はかなりあります。
で、iPhone/iTouchで使えるIMサービス、IMクライアントをいくつか試用してみました。
基本的にはマルチプロトコル対応であること、日本語が通る事が必須。
メニューが英語なのは構わないけど、AOL専用とかというのはダメという条件で探しました。

1. AIM
 文字通りAOL IMのiPhoneネイティブなクライアント。
 AOLはMobileMeとの相互乗り入れしているので、対象ユーザ数は一番多いと思われます。
 が、現行バージョンのこのクライアントソフトははっきり言って、日本版iPhoneでは使えません。
 多くのIMクライアントはウインドウの最下行に入力エリアがあり、その上に履歴が残るという形式を持ってます。
 これまでの会話の流れを追いながら入力するためにはこれが最適解だったのかもしれません。
 で、AIMはそのフォーマットをiPhoneに持ち込んだので、日本語入力が至難を極める状態になってしまいました。
 日本語の変換候補がキーパッドの上に被さるので、うっかり予期せぬ確定をしてしまいストレス溜まります。
 まぁこれはAIMの問題というよりiPhone側の問題ないのでAIMばかりを責めるワケには行きませんが。

2.Palringo
 AOL, ICQ, Jabberなどと互換性のあるIM
 しかし、リリース直後にサーバートラブルに見舞われ、未だまともに使えていません。
 登録はできたし一時は使えてたんだけど、その後ログインすらできなくなってます。もうまるまる二日間使えません。
 この時点で既に終わってますね。フェードアウトしそうな予感。
 iPhone側のクライアントソフトもAOL同様、キーボードに漢字の変換候補が被さるという欠点があります。

3. Mudnu IM
 これはWebアプリ。iPhone用のURLは http://iphone.mundu.com
 AIM、GTak, Yahoo!などマルチ対応。
 Webベースなので例の日本語変換の問題も無く、今のところこれを主に使っています。
 現時点ではβ版で無料で使えています。FAQを読む限りでは有料化することはなさそうですが・・・

4, FlickIM
 これもWebアプリ。
 ただしAIM専用。

5. TinyBuddy IM
 これもWebアプリ。
 ただしAIM専用。なぜならAOL純正だから。

他にもIRC専用とskype専用のがあるけど、とりあえず通常はMunduメインに使うのが便利かと思います。
まぁ本当はiChat for iPhoneをアップルが出してくれるのがベストなんですがね。
でも日本の場合は2chリーダーの方が需要は高そう(笑
このエントリーをはてなブックマークに追加