iCal and Google Calendar


Unofficial Google BlogでGoogleがCalDAV対応を開始したことを知りました。

これが出来るようになればSpanningSyncなどのような同期ソフトを使わずとも、iCalのカレンダーとGoogleカレンダーを同期させらるようになります。
ただMobileMeのように丸ごと同期だったら使えないしなぁということで早速テスト。

設定方法は上記ブログに詳しいのですが、まずはプライマリカレンダーを設定。

iCalの環境設定→アカウントでCalDAVのアカウントを設定できるので追加ボタンを押して説明文、ユーザ名(ここにはgoogleのメールアドレス、つまりusername@gmail.com)、パスワードを入力します。
サーバーオプションを表示させアカウントのURLを入力します。
アカウントのURLは
https://www.google.com/calendar/dav/username@gmail.com/user
と入力。
httpsであることと、水色の部分は自分のGMailのアドレスであることに注意。
kerberos認証はアンチェックのままでOK。
アカウントが出来たら更新間隔を指定してあげれば準備終了。
Googleカレンダーのプライマリカレンダー(カレンダーIDがGmailとアドレスと同じもの)がiCalにも作成され、同期が開始されます。

次は個別のカレンダーの設定。
まず同期させたいGoogleカレンダーのカレンダーIDを見つけます。
Googleカレンダーのサイドバーに並ぶカレンダー一覧の同期させたいカレンダーの「カレンダー設定」を選択し表示させます。
下の方の「カレンダーのアドレス」を見るとカレンダーIDとしてhonyahonya@group.calendar.google.com
というのが表示されてます。

このカレンダーIDをもとにiCalにCalDAVのアカウントを追加します。
追加方法は上記の通りですが、アカウントのURLは
https://www.google.com/calendar/dav/カレンダーID/user
とします。それ以外は同じです。

これで、GoogleカレンダーとiCalのカレンダーが同期するようになりました。

非公式ブログでは「カレンダー毎にアカウント作るのが面倒くさいんだよなぁ」とか言ってますが、仕様的には今のままで良いと思いますよ、グーグルさん。カレンダー一つ一つについて同期するかしないかを決められますから。

これでSpanningSyncは不要になるのかなぁ? と思いつつ試用してみると重大な問題は発見。
なんと文字化けします。
iCal → Google 方向の同期は問題ないんですが、
Google → Cal 方向へ同期すると日本語が文字化けします。

うーむ、残念。まぁまだベータ版だからな。でもGoogleだから永久にベータ版だしいつかは直るかな?
これで日本語が問題なく通るようになったら間違いなくMacユーザにアピールするはずなんですが、もうしばらく様子をみることにします。
このエントリーをはてなブックマークに追加