Crystal Film for iPhone and iTouch


ボクは携帯もiPodもPDAもケースに入れない派です。
一時はケースに凝った時期もあるのですが、結局もとの機器の使い勝手を阻害したり、デザインをスポイルするだけで、メリット少なくデメリットばかりで、いつのまにかケースは使わないようになっていました。
で、こうしたデバイスは消耗品だと割り切り、全部裸のままパンツのポケットに突っ込んでいます。

ただ液晶の保護シートだけは必須かと思っていまして、液晶画面に傷が付いて画面が見ずらくなっては元も子もないです。筐体がいくら傷付いても機能に影響ありませんが、表示装置が見ずらいというのは機能低下そのものですからね。

で、iTouchで愛用していたのがパワー・サポート社の「クリスタルフィルムセット」
この種のフィルムを貼るとどうしても気泡が残ったり、微妙に垂直が出なくてズレて貼れてしまったりなんですが、このフィルムは接着剤で付けるタイプではないので貼り替えOK。
またフィルム自体も厚みと固さのあるもので保護力は十分。
フィルムを貼った場合、デジタイザーに誤差が出るんじゃないかと心配ですが、このフィルムはその辺りも特に問題は出ませんでしたね。

iPhoneにも当然これを貼ろうと考えていて発売前日の7月10日に銀座アップルで前もってfor iPod touchというのを購入しておきました。
iPhoneが発売されればこのフィルムも一気に人気が出て品薄になるかもしれない、iTouchとiPhoneはフォームファクターも近いのでサイズ的な問題はないだろうと考えてのことです。

今日、iPhoneの各種設定も終わり最後の仕上げとしてこのフィルムを貼りました。
クレジットカードを使い、端からカードで気泡を追い出しながら貼付けていくと良いことが経験上判っているので、その通りいつものように貼付けて、表面側はOK。

続いて裏面も・・・おっと!
iPodの裏面は平面だがiPhoneは曲面だぁ!!
クリスタルフィルムは固いので、曲面にうまく貼りこめません。シートの左右5mmずつ、上下1cmずつはiPhoneの曲面なボディに圧着できません、ダメじゃんこれじゃ。ポケットに入れていたら剥がれちゃうよきっと。

表面側は上手く貼れたなと思ったけど良くみたらスピーカーの穴を潰しちゃっているよ。いちおうスピーカーから音は出るし会話もできるので致命的な問題ではないけど、騒音の激しい場所とかでは問題が顕在化するかもしれない。

えっと、iPhoneにフィルムを貼って保護するのは良いアイディアなんですが、いくらフォームファクターが近いといってもiTouch用を流用するのは無理だと判りました。

iPhoneの表面はガラスなのでもしかしたら保護フィルムの類いは不要かもしれません。でも裏面は樹脂なのでケースを使うかフィルムで保護した方が良いでしょうね。

保護フィルムを購入する時は対応機種を間違えないように。特に、iPhone 3GにiPod touch用フィルムは使えません。
ボクは明日にでも銀座へ買い直しに行ってきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加