The Coral Sea


マイブラのケビン・シールズのもう1枚はパティ・スミスのライブパフォーマンスのバックを務めた「The Coral Sear」
これは日本でも既に発売されています。

パティ・スミスが2005年と2006年にロンドンで行なったポエトリー・リーディングのパフォーマンスのバッキングをケビン・シールズが務め、その後のリミックまでも手がけた、ほぼ17年振りのフル・アルバム。

音の方はいろんなレビューを読んでみましたがよく判りません。たぶんケビン・シールズらしい音響を持った演奏らしいのですが。ただ2005年のパフォーマンスと2006年のそれとではかなり異なったアプローチでバッキングしている模様。
これはもう聴いてみるしかないですね。

またパティの方はかつて恋人であり同志でもあったロバート・メイプルソープを偲んだ詩集「The Coral Sea」の朗読。
パティのライブを経験した人は判ると思いますが単なる朗読ではないロックな朗読です。
彼女の場合、別にバックが誰であろうがパフォーマンスのクオリティが変わることはないのですが、今回はバックがバックですから普段以上のものが期待できそう。



あと問題はやはり朗読という点ですね。さすがに1時間以上のCDが2枚ですから、よほど英会話に堪能でないと追いつけないかも。パティのお友達にジム・キャロルというロッカー/詩人がいて、ボクはこの人のポエトリー・リーディングの音源をいくつか持っているのですが、さすがに辛い。
できれば詩集の方のThe Coral Seaを片手に聴きたいですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加