Riders Of The Storm


来年2008年はアメリカ大統領選挙。
2008年の北京オリムピック後の中国と対峙しなければならないから、かつてなく責任重大な大統領になると思われる。
以前も「世界最強の権力者を選ぶ権利を持つのがあのアメリカ人大衆だというのが我慢ならぬ」と誰かが言っていたが、ホントにそう思う。

1986年の「
Riders Of The Storm」、日本でのタイトルは「アメリカン・ウェイ」ではベトナム戦争以来飛び続け海賊TV放送をしているB29の機長とそのクルーが女装趣味のウルトラライトな大統領候補をコケにする映画。

当時のアメリカ大統領は二期目のロナルド・レーガン。
バリバリの右翼大統領とバックのファンダメンタリストたちに思い切り異議を唱えるないようで、本来なれば2000年、2004年にこそリバイバルして欲しかった映画。

文字通りぶっ飛んだデニス・ホッパー演じるキャプテンこそあのようなハチャメチャな国の大統領の相応しいと思うのだが。
日本では未DVD化。何か政治的にまずいことでもあるのかしらん?
あのLaylaをフィーチャーした海賊TVのテーマソングもまた観たいし。VHSテープでは持っているのだけど、もはや動作するVHSプレイヤーがない(泣
このエントリーをはてなブックマークに追加