"We do not need you, here. / If I could only fly." - Intolerance

"We do not need you, here. / If I could only fly."

9月19日から広尾のEMON Photo Galleryで開催される、岡本裕志作品展のタイトルである。




 EMONが毎年開催している公募展「EMON AWARD」。
その第六回で特別賞を受賞した岡本裕志の作品展が9月19日(火)から9月30日(土)まで開催される。

まだ会期前だが、たまたまEMONの前を通りかかったら外から作品を見ることができた。





この "We do not need you, here. / If I could only fly." という作品展だが、2014年に起こったイラク日本人人質事件の被害者の人をモチーフとしたドキュメンタリー作品である。


あの時の被害者に対する理不尽なバッシングは傍から見ても気持ち悪いものだったが、”異端” に対する不寛容さは時が経るにつれ増してきているように思える。

年少の頃から ”いじめ” という形で出現するこの日本の不寛容さは、トランプなどが体現している不寛容とはまた別の種類のようにも思え、単に教育やSNSの問題ではなく社会そのものの問題なんだろうなと思う。

ともかく、”不寛容” が”正義”という名のもとに大手を振って歩いてる現状に疑問を感じているのなら、この作品展でその実態をよく見てみたい。

筆者ももう一度会期中に足を運ぶつもりである。


EMON Photo Gallery

港区南麻布 5-11-12
休館日:日曜日、祝日
開館時間:11:00 – 19:00

このエントリーをはてなブックマークに追加