審判の日は来なかった

昨日2011年4月21日は「ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ」における審判の日。

実はクロニクルズはよく見てないんだが、そこではサイバーダイン社(Cyberdyne)のスカイネット(SkyNet)が自我を獲得し人類に反乱を起こす日、審判の日は2011年4月21日という設定だったらしい。

ところが、まさにその4月21日にAmazonのクラウドサービスEC3にかつてない大規模障害が発生し、そのサービスを使う多くのインターネット上のサイトがダウンしてしまった(現在はほぼ復旧)。
FoursquareやHootsuiteなどの人気サービスも障害の影響を受け困惑したユーザも多かったようだ。

しかし、よりによって「審判の日」である4月21日に、これまで大規模障害とは無縁だったAmazonがダウン!
ということは、AmazonはSkyNetからサイバー攻撃を受けているのではないか、SkyNetは実在したんだ!!
日本では原発事故だしアメリカではSkyNetが自我に目覚めたし、人類はもうお終いだ・・

と一部ではパニックになったとかならないとかw

さっそくAmazonの開発者向け掲示板に
Did Skynet destroy zone us-east-1c?
と質問がアップ。

それに対してAmzon側から正式に回答があって

From the information I have and to answer your questions, SkyNet did not have anything to do with the service event at this time.

だそうである。

少なくとも、今回の障害に関してはSkyNetは関係していないようである。
つまり昨日の時点ではSkyNetは未だ自我を獲得していないと。

きっとどこかでターミネーターやジョン・コナーが活躍してくれて、そのおかげで審判の日はまたも先送りになったようである。

このエントリーをはてなブックマークに追加