ジム・モリソンの代わりにポール・ロジャースを考えていたドアーズ

数日前だがアメリカAOLの音楽サイトSpinnerに「The Doors Wanted Paul Rodgers to Replace Jim Morrison」という記事が掲載されていた。
オリジナルは今月号の英国Uncut誌に掲載されているらしいんだが、あまりに驚くべき話。

1971年にジム・モリソンが亡くなった後、遺されたドアーズのメンバーは元フリー(当時)のポール・ロジャースを新しいボーカルに迎えようと考えていたそうだ。
なんでもドアーズの3人はポール・ロジャースのファンだったらしい。

でもどうやってポールとコンタクトを取れば良いのか判らず、とりあえず英国までポールを探しに行ったらしい。
しかし結局見つけることが出来ず、最終的にはレイ・マンザレクがボーカルを担当することになり3人で再出発したと。

いやぁ、これは凄い、本当に凄い話だ。
いくらファンとはいえ、ジム・モリソンの代わりがポール・ロジャースという発想は普通しないだろう。

たぶん1971年頃の後半の話だと思うが、その時期はフリー(の最初の)解散直後だったし、たしかにコンタクトを取るのは難しかったかもしれない。

それにしてもドアーズとポール・ロジャースの組み合わせ。実現していたら・・ちょっと想像できない。
でも、某女王バンドとの組み合わせよりかは馴染んだかもしれない。考えてみれば、ドアーズはLAのアングラブルースバンドとしても捉えることができるから。

そしてこの記事を読んでから慌てて3人ドアーズの「Other Voices」と「Full Circle」を聴き直してみた。
たしかにOther Voicesの方はそれっぽい音でもある。ボーカルをポールのようなブルージーでソウルフルなものに脳内で置き換えても違和感がない。
なるほど、これからは3人ドアーズをそういう前提で聴くことになるのだろう。

またレイを除く2人(ロビー・クリーガーとジョン・デンズモア)が、やはり英国のブルース/R&B系シンガーのジェス・ローデンと組んだButts Bandというのがあって、これはこれで1970年代初頭の英国ファンキーロックの成果で、早すぎたバドカン(でも地味だけど)でもあるんだけど、昔から ”なぜドアーズ残党とジェス・ローデンが?” という疑問があった。

なんとなく、アメリカで食えなくなった二人がイギリスへ出稼ぎに行って(当時)流行りの音を出してみたのかなぁと思っていたのだけど、そうじゃなかったんだ。
ああいう音やボーカルがドアーズ残党側の選択だったんだね。そして失礼ながら小型ポール・ロジャースでもあるジェス・ローデンを選択したということであったと。
これで多くのドアーズファンや英国ファンキーロック好きの長年の疑問が氷解したことになる。

下はその Butts Band の「Be With Me」
ドアーズの2人とジェス・ローデン、ベースはフィル・チェンである。


このエントリーをはてなブックマークに追加