Spanning Sync 3.1.1 released.


世間はiPadな日なんですが、いろいろ理由を付けてビッグウェーブには乗り損ねてます(笑
MBPの調子が悪いし、7月には次期iPhoneもあるし、さらにiPadまで加わっては寝るヒマがなくなりますから。

さて、Spanning Sync 3.1.1 がリリースされています。

基本的にはマイナーアップデートなんですが、今回はちょっと重要なFixが含まれていますね。

例によってリリースノート。

  1. Fixed a problem where contacts with an invalid URL could cause the sync to abort
  2. The user is now notified of software updates without having to open the pref pane
  3. Delete protection is handled better when calendar filtering of old events is turned on
  4. Now syncs the contact "department" property
  5. Syncing of the calendar "classification" property can be turned off
  6. Fixed an error ("attempt to insert nil") that could halt the sync
  7. Fixed a problem where the background notifier app wouldn't relaunch after an upgrade

1.は連絡先に不正なURLが含まれていた場合には同期が中止される不具合の修正。これは意外と多そう。
2.はシステム環境設定を開かなくてもアップデート通知を受け取れるように改善。最近のMac OS Xはシステム環境設定を開く機会が減っているので、これからはタイムリーにSSをアップデートできるようになるのでしょうね。
4.は連絡先の”部門名”が正常に同期できるようになったと。うーむ、連絡先は同期してないので知らなかったのですが、そんな不具合があったのですね。
5.はカレンダーイベントの重要度を同期する/しないの制御ができるようになったと。

細かいアップデートですが連絡先を同期しているユーザーにとっては有り難いアップデートですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加