US AppStore にアカウントを作る

これまでいくつか日本のAppStoreでは入手できないアプリを紹介したんだけど、USのAppStoreアカウントをどう作れば良いか簡単に紹介します。
いちおう最新のAppStoreを元にしているけど、将来的に居住地域のチェック方法が変わって作れなくなったり、あるいはこのエントリー自体が問題視されて削除されることもあり得るので悪しからず。
また利用規約には米国内のみと明記されているのであくまでも自己責任で。

US AppStoreにアカウントを作るために用意するもの。
1. iTunes
2. 米国内で有効な住所(住んでいなくても可。ホテルの住所でも可)。特にZIPコードは間違いのないように。
3. 上記住所に対応した電話番号。ZIPコードと局番のマッチングを行っているぽいのでデタラメな番号は不可。
ただし、Appleから電話がかかることはまずない(と思われる)
アカウントを作って無料アプリをダウンロードするだけなら、クレジットカードもUS発行のギフトカードも不要です。

アカウントを作る手順
0. iTunesで日本のストアにログインしていたらログアウトする。
1. iTunesの一番下にある「国を変更する」をクリックし、一覧表からUnited Statesを選ぶ


2. USストアのトップが表示されるので適当な無料コンテンツを選ぶ。
今回はIMDbアプリ。
検索ボックスに”imdb’と入力してリターンを押すとIMDbアプリがヒットするはず。

「Free App」ボタン(矢印のとこ)をクリックするとサインイン用ダイアログボックスが表示されるので「新規アカウントを作成」ボタンをクリック。





すると、こんなウェルカム画面が表示されるので「Continue」をクリック










と、このように利用規約が表示されます。

赤で囲った部分に特に重要なことが書かれています。
理解して同意するのであれば、チェックボックスにチェックを入れ「Continue」ボタンを押します。

不安になったり中止したいのであれば、いつでも「Cancel」ボタンで処理を中止できます。


ここから登録本番!

一番上の囲った部分はメールアドレスとパスワード(とその再確認)
メールアドレスは日本のストアで使っているもの以外で有効なアドレスを。
パスワードは忘れないように管理しましょう。

二番目に囲ってあるのはパスワードのリマインダー。
上の欄にヒントとなるフレーズを、下に答えを(英数字で)入力します。
別に英語でなくてもローマ字でOKでしょう。というより、たぶんローマ字の方が多少は安全じゃないかと思います。

三番目の囲いの部分は誕生月日を。
将来、万が一本人確認が必要になった場合に聞かれる可能性があると思います。

一番下のチェックボックスはAppleからのニューズレターやDMを受け取るかどうかのチェック。
USストアオンリーのお得なお知らせなんて来たことがないのでアンチェックでいいです(笑


ここは支払い方法と請求先住所。

支払いに使うカードがズラっと並びますが、その右端に「None」というのがあります。
これは、今は登録しないという意味なので、これをチェック。
もちろん米国内発行のクレジットカードやギフトカードがあればそれを使うのがベターでしょう。

次に氏名、住所などを入力します。
注意するのは、市内局番とZIPコードのマッチングを行っているらしいこと。
米国の電話番号は 3桁のエリアコード+3桁の市内局番+4桁の番号となっているのですが、どうも市内局番とZIPコード(日本の郵便番号)の対応表があるようで、正しい組み合わせでないとハネられてしまいます。

そして、最後に「Continue」をクリックするとめでたくアカウントが作成されます。
有料アプリを購入したりするにはクレジットカードなどが必須ですが、無料アプリをダウンロードしたりするにはこの方法で十分だと思います。

また、iPhoneと同期する時は、必ずUSストアからログインし、日本のストアにログインし直してから同期するよう注意。
どうも最後にログインしたストアを覚えているようなので。
このエントリーをはてなブックマークに追加