Maserati GT


ニューヨークとパティ・スミスで思い出したブルー・オイスター・カルト。
この「On Your Feet Or On Your Knees」はライブアルバムの中でも異様なテンションの高さがウリの傑作。
アルバムタイトルはアンコールで演奏される「ワイルドでいこう」に登場するパティ・スミスの”On Your Feet! or....” という煽りMCに由来するもの。

問題はこの曲の直前に収録されているのが”I Ain't Got You"曲で、そのサブタイトルが”Maserati GT"
サブタイトルから想像するまんまのロックンロールなのですが、しかし、昔から疑問なのはなぜマセラッティなのか?
そういえば、映画「ロッキー」では、チャンピオンになったロッキー・バルボアがマセラッティの広告に出るシーンがありますよね。

イタリアの高級スポーツカーとして真っ先に思い浮かぶのはフェラーリだろうに、70年代のあの頃はマセラッティの方が、アメリカではメジャーだったのだろうか?
それとも古くからイタリアの移民が多い東海岸(ニューヨークとかフェィラデルフィアとか)では、フェラーリよりも、戦前からのメーカーであるマセラティの方がステータスが高いんだろうか?

まだまだ世の中知らないことばかりです。
このエントリーをはてなブックマークに追加