iTunes 9 のライブラリ表示


iTunes 9 でライブラリを表示させた場合のデフォルトがiTunes 8(もしくはそれ以前)と異なっているので一瞬おぉっとなってしまいます。

iTunes 8 の時はコンソールからコマンド入力して設定を変える必要があったのですが、iTunes 9 ではメニューから表示形式を設定できるようになってます。

デフォルトではウィンドウ左側にサイドバーが、次にアーチストのリストが表示され、残りのウィンドウ右側を曲のリストが並ぶようになってます。

iTunes 8以前のように、例えば画像のように、左にサイドバーがあって、上部左側にアーティスト、上部右側にアルバム、下部に曲目が並ぶようにしたい場合の設定方法は

メニューから
「表示」 → 「カラムブラウザ」 → 「上」を選びます。
これでカラム部分が上部に、曲目リストが下部に表示されます。

そのままでは上部にジャンル、アーティスト、アルバムの3カラムが並ぶのですが、ボクはジャンルは不要(CDからリップした場合など正しくジャンルが入らないし、そもそもジャンルは殆どがロックw)なので、
「表示」 → 「カラムブラウザ」 → 「ジャンル」をアンチェックしてジャンルカラムを非表示します。
この辺りは好みに応じて使いやすい表示形式にしてみてください。
このエントリーをはてなブックマークに追加