おかじゅう


自由が丘を何と呼ぶかで世代の差があるらしい。
70年代から80年代をこの街で過ごした世代は「おかじゅう」が多いと思う。

どうもその後「がおか」と呼ぶようになったらしい。
(でもマジョリティではないと思うが)
昔は「がおか」なんて呼ぶと、田舎モンじゃあるまいしそんな気取った言い方はするなよと言われたものだが。

ここ何年か自由が丘をつい「おかじゅう」と言ってしまうボクに対し、「がおか」です! と何度か指導が入ったが、ようやく「おかじゅう」の証拠を発見。

場所は自由が丘駅の中央口を出たところにある電話ボックス。
この電話ボックスには愛称が付いていて、その名も「おかじゅう君」。どうだ。

しかし、この電話ボックスの前で何度も待ち合わせしたし、ここで寝たことも一度や二度ではないと思うが、なぜ今まで気がつかなかったんだろう!?
このエントリーをはてなブックマークに追加