Wireless Mouse

Apple Store(Japan)
これ、買ってしまいました。
これまでも有線版のMighty Mouseを愛用してまして、このスクロールボールの使い易さとか、静電容量センサーの使い易さとか、もう普通のマウスは使えません。
会社でも「何でマウスを使わないのか?」と不思議がられますが、MacだったらこのMight Mouse、IBM互換機の世界であればトラックポイントしか使えない身体になってしまっているので、ないならないで我慢するしかないですから。

このMighty Mouseの最大の欠点が、スクロールボールの汚れ。
実際にはスクロールボールというか、このボールの受け軸にゴミが付着し、感度が低下し最悪の場合反応しなくなっちゃうんですよね。
アップルもその問題は認識していて、こういう清掃方法も告知しているんですが、これだとすぐにまたゴミが付着しちゃいます。というか、おそらく完全にゴミを取り除けていないのでしょう。

ボクの有線Mighty Mouseもゴミが付着してしまったので、根本的解決すなわち受け軸の清掃にチャレンジしました。
とりあえず筐体を開ければ何とかなるだろうと、いつもの出たとこ勝負で開腹にチャレンジしたのですが・・・見事に失敗しました。

うーん、底面の外枠を壊してしまいました。中身の清掃は問題なくというか見事に奇麗になったのだけど、外枠がかなり盛大に壊れ、しかも欠けた破片が行方不明で現状復帰がどうしても無理。

まぁ1万円しない訳だし、泣く泣くWireless Mighty Mouseに乗り換えです。
始めてじっくり説明書を読んでの発見。なんと単三電池は1本でも2本でもOK!
すげぇー、これは始めて知りました。
このエントリーをはてなブックマークに追加